『患者さんにも喜ばれています』~けやき整骨院 手塚院長~

2022/03/09

みなさんこんにちは。
ミッドフット担当の岡田です。

ミッドフットシューズは現在はネット販売が中心ですが、少しづつですが小売店での販売も増えてきています。 最近では整骨院の先生方からのお問合せもあり、患者様に進めてみたいとご検討されています。 その中でも昨年12月からお取り扱い頂いている、埼玉県のけやき接骨院様にお話を聞かせてもらいました。

けやき接骨院のご紹介

28歳までサラリーマンをされていた手塚先生。
社会人になって所属した野球チームの監督が接骨院の先生だったそうで、この方との出会が業界を知るきっかけになりました。その後紆余曲折を経てご自身で開業される事になったそうです。10年以上も地域密着型の接骨院として活動されており、現在では保険施術の他、痛みの原因へフォーカスした幅広い施術で、患者様の早期回復を目指しておられます。

ミッドフットの取扱いをはじめたきっかけは?
御社から送られたダイレクトメールで初めてシューズの存在を知りました。
日頃から歩く事の大切さを患者さんに伝えているので、『靴は何を買ったらいいの?』の様な悩みが普段の会話でもよくあります。なので靴については日頃から関心を持っていました。ただ色々なメーカーの靴を教えてあげても、実際店には同じメーカーで何十種類もあるので、結局何を買えば良いか分からない様になるんですよね。そんな中、御社の靴のコンセプトにも興味をもって、『もしかしたら患者さんに良いかもしれない』と思い取扱いを始めてみようと思いました。

院内ではどのように販売していますか?
私は基本、セールスは一切致しません。
物を売るという事ではなく、情報を伝える、知ってもらうという事に重きを置いてお話しています。治療をした後に患者さんによっては歩行の指導を行うのですが、その時の話の流れで靴を紹介していますね。あとは患者さんの靴底の減り具合を見て、買い替えの話をする時とか・・・。歩き方指導をしているので自然な流れで靴の話になるんですよね。


シューズを履いた患者さんの反応はどうですか?
靴を紹介した人はほぼ全員買ってもらっていると思います。皆さん揃って仰るのが『足がスタスタと前に進む』なんです。変わった形の靴底なので、初めは正直違和感しか感じないのですが、歩き出すと皆さん歩きやすいと好評です。以前来院したあるご夫婦の奥さんは、初めは『わたしはいらない』と言っていたのに、旦那がスタスタとスムーズに歩いている光景を見て一気に興味を持って、結局ご夫婦そろって買って帰った事もありましたよ。

先生から最後に一言お願いします。
私は正しく歩ける体に回復させる事が最も重要だと考え、毎日患者さんと接しています。正しく歩く事が出来ないと痛みも改善せず健康でもいられない、結果今の生活の質が全く変わらないからです。病院で薬をもらう事は根本的な解決には繋がりません。だから私の元には病院に行っても良くならない患者さんがたくさん来られます。 歩けない事が歩ける事に発展し、歩く事を楽しく感じてもらえればとても嬉しく思います。ミッドフットシューズを試し履きする方を見ていると、とても歩きやすそうにしているので、歩く楽しさに気付いてもらえる良いきっかけになればと考えています。


【インタビュアーより】
手塚先生は大変気さくな方でした。
取材までの待ち時間、患者さんとお話されているのを見ていましたが、会話の内容や仕草がまるでご家族と接している様で、その距離感は安心と信頼を強く感じる事が出来ます。患者さんが気兼ねなく話しているもの頷けます。
また幼少から続けている野球も未だ現役でされているので、その体格からも頼もしい印象が感じられました。

靴を試してみたい方がいらっしゃれば、患者さん以外でもご対応頂けるそうです。
事前にお問合せ頂く事が必要ですが、ご興味のある方は是非ご検討下さい。

けやき接骨院
〒331-0823
埼玉県さいたま市北区日進町2-183 ペガサスM・エム・101
048-667-9999
【営業時間】
・9:00~13:00(最終受付時間: 12:30)
・15:30~20:00(最終受付時間: 18:30)
【定休日】日曜・祝日・土曜午後
けやき接骨院のHPはこちらから

※事前に日程等をお問合せください。
※シューズは全サイズ、シリーズはご用意しておりませんので予めご了承下さい。

月間アーカイブ